בניית אתרים בחינם


COUNSULTING BUSINESS
089-548796

そんな訳で2種類以上の生薬を組み合わせて用いられるようになった。

人が生薬を使い始めたケースは1種類(いわゆる単味)の生薬を用いていた。

これらは例えば柴胡は熱を下げる、杏仁は咳を止めるといった造作なくな知識の集積となった。

2つ以上の生薬の組み合わせを薬対という。

薬対は任意の生薬のまとめ合わせではなく、歴代の医薬専門家によって蓄積された臨床的治療影響の知識に基づく元刻みである。

しかし、漢書『芸文志』ですでに指摘されているように、病気は、季節、気候、風土、体質などの遺伝的要因の影響を受け、他の病と併発するなど複雑化する事もある。
不妊 治療 沖縄
2all - Free Web Design