בניית אתרים בחינם


COUNSULTING BUSINESS
089-548796

和装


普段的に和服を着る男性は、女子と比べて少なく、作務衣や甚平が仏教の僧侶などや職人など少数の男性に好んで着られているほかは、そんなに見かけなくなっている。


昔からあった古着店に加えてレンタルも広がっており、新品の着物を生産・提供する事業者は苦しい状況にある。


一方で、男性の和服着用を推進する運動も、インターネットなどを中心に局所で起こっている。


ファッションとしての浴衣は男性にもそこそこ着られているが、女性ほど一般的ではない。


2018年の経済産業省による調査で、20歳代女の73%が「着物を着てみたい」と回答するなど潜在的需要はあるものの、要望購入プライス帯は「5万円以下」が最多で、着物提供業者の中心プライス帯(10万-30万円)より低い。


会社がレンタル専門の在庫を持つ以外に、個人が持つ着物の他人への貸し出しを仲介するシェアリングも行われている。


コンサルタントの分析によると、女性用振袖については「レンタル5割、購入3割、両親から受け継ぐ娘が2割」程度であるという。


色打掛レンタル 黒


2all - Free Web Design