בניית אתרים בחינם
仏壇
創価学会とは、現代において日蓮宗の開祖である日蓮聖人の教えを継承し、世の中的に広宣流布(法華経の教えを広くのべて流布すること)している宗教団体のことです。

創価学会専門の仏壇店もありますので、足を運んでみてはいかがでしょうか?その種類は、家具調仏壇、厨子型仏壇、上置き小柄仏壇などその種類はさまざまで、会員は自由にピックアップする事ができます。

そのため、その家庭で亡くなった方がいない事例にも、仏壇を安置して、お参りをするといわれています。

特に決まりはないので、予算や住処事情に合う仏壇を選ばれればよいでしょう。

「創価」とは「価値創造」の意味で、教育や一生の目的は幸福を追求することであり、その中身は値打ちの創造であるという牧口氏の思想が込められた会話です。

創価学会の仏壇は、普通には創価学会専門の仏壇を下拵えする必要があります。

創価学会の仏壇の特徴は、故人のためだけでなく、日々の勤行のために用いるという点です。

創価学会は「今を生きる宗教団体」で、直近でに重きを置いています。

人と人とのつながりを仏縁とし、葬儀に関しては、僧侶や戒名は不可欠ないとされています。

一般的な仏壇仏具店では店頭で取り扱っていない場合もあるので配慮が必須です。

社会に貢献できる青年を育てる団体という意味合いがあります。

創価学会の教えは世の中192か国に及び、「三大会長」と呼ばれる初代会長の牧口常三郎氏、第二代会長の戸田城聖氏、第三代会長の池田大作氏によって確立されてきました。


学会 仏壇

2all - Free Web Design