בניית אתרים בחינם

振袖

「花嫁が着てみたい和装」の一番高評価といえば、本当は色打掛なんです。

実際に色打掛に対する意識が強い人も多々あるのではないでしょうか?豊富にの色を利用し、エレガントに彩られた色打掛の意匠は、多様のひとこと。

小袖を着た上に帯を締め、その上から豪華な模様が描かれた着物を打ち掛けていた事から、打掛と呼ばれるようになりました。

色打掛は元来は室町ご時世に武家で使われていた婚礼衣裳。

伝統を感じさせる日本和装ならではのものから、現代の美を取り入れたモダンなデザインまで幅広く存在しています。

打掛のなかでも白いものは白無垢、それ以外の打掛を総称して色打掛と呼びます。


紋付袴レンタル 紺

2all - Free Web Design