בניית אתרים בחינם

絨毯

それらは1830年代にイギリスで非常にポピュラーになった。

その生産は19世紀まで続けられた。

一般的な縫い目はテント・ステッチとクロスステッチの2つである。

スコットランドの女王メアリー・スチュアートは、熱心な刺繍の製作者であった事が知られている。

16世紀のデザインは、つる植物と地方の花(例:ブラッドフォード・カーペット)を渦巻き状にしたものであり、動物の紋章が組み込まれた。

それらの模様は、1針ずつの縫い目を応用する事で、布(またはリネン)の基礎の上に設けられる。

ヴィクトリア朝の絨毯は大いに幻想的で、3次元の花も描かれている。

16世紀には、鉄製の針(それ以前は骨で作られていた)の導入による生産性の向上と、リネンの改良が見られた。

ベルリン・ウールウォークと呼ばれるタイル張り模様(一連の正方形で構成される)は、1804年にドイツで解説された。

縫いによって作られた絨毯は、16世紀以来貴族によって伝統的に作られ、いくつかの工業的生産も行われている。

編んで作られた絨毯と相違、縫いでできたものは織機に形成されない。

ペルシャ絨毯 コーディネーション

2all - Free Web Design