בניית אתרים בחינם

耐震工事

耐震基準でいうと、木造の例では、震度7の地震に耐えられるように作られた住宅が基本です。しかし、日本には震度8以上の地震が頻発する地域もあります。木や土などの素材の強度を正確にモデル化することで、地震に対する耐久性や安全性を判断することができます。そのため、住宅全体を設計する際には、実際の地盤の状態を考慮することが大切です。また、設計自体は地震で倒壊しない強度を持っていても、断熱材や防火設備に不具合があると、壁や構造体が火災で損傷することがあります。

特殊建築物定期調査 神戸市

2all - Free Web Design