בניית אתרים בחינם


COUNSULTING BUSINESS
089-548796

楽器

そのほかの和楽器はそんなにが、大陸から渡来した楽器を基としているが、日本の文化のなかでそのかたちを変え、独自に進化を遂げていった。


和太鼓・和琴・尺八・三味線など、先史時代に原形があるものから近世生まれのものまで、種類は多種多様である。


和楽器(わがっき)とは、日本で伝統的に使われてきた楽器[2]。「雅楽の琵琶」(楽琵琶)のように、大陸では事前に失われてしまった楽器もある。


日本の伝統楽器などという表現もある。


「和」は「日本」を意味合いするが、「邦(くに、国)」と「楽器」を合わせた邦楽器(ほうがっき)も結果的同義。


大陸文化の影響を受ける以前から伝承される日本固有の楽器としては、和琴があげられ、神楽笛(かぐらぶえ)や笏拍子(しゃくびょうし)も日本固有のものと見なされる。


英語では”traditionalJapanesemusicalinstruments”あるいは”Japanesetraditionalinstruments”と表現する。


象牙 撥


2all - Free Web Design