בניית אתרים בחינם

myMail@2all.co.il | 1800-123456789

Try & Trik
05895-789

刺繍

ぬい,ぬいとりとも。

桃山〜江戸時代には優雅な模様と相まって高い工芸性を発揮した。

古代ワールドワイドでは特にオリエントで発達し,ビザンティン帝国などに影響,祭儀用の式服や祭壇の垂幕にも施された。

中国でも〈繍〉は古くから行われ,漢代にはほとんど鎖繍であったが,盛唐以降平繍が盛行し,金糸をまじえた華麗なものが作られた。

後者には技法上はアップリケ,ドロン・ワーク,裁断ワーク,区限縫い,スモッキングなど,具材上は白糸縫い,色糸縫い,リボン縫い,ビーズ刺繍などがある。

繍仏の遺品も多い。

15―16世紀ごろには服飾としての縫いが一般化し,靴,手袋にまで応用された。

日本では天寿国繍帳などの遺品があり,奈良時代には中国系の鎖繍が行われたが,次第に平繍が盛行。

現在は在来のものを日本縫い,欧米のものをフランス縫いと総称している。


シャツ刺繍 業者

2all - Free Web Design