בניית אתרים בחינם


COUNSULTING BUSINESS
089-548796

害獣

ハクビシンの生態については、何個か厄介な習性があります。

いつもはの野山にいる事が多いハクビシンですが、最近は都会にも出没し、毒鳥獣として捕獲されるケースも増大して来ています。

一方でハクビシンは穴を掘る事が苦手なので、柵やフェンスの下を掘って農作物を荒らした形跡があったケースは、ハクビシンによる被害である可能性は低いと考えてよいでしょう。

しかも、木登りが優れているで、跳躍力もあるという体技術の高さも一つの特徴です。

日本では沖縄以外のほぼ全域、特に東北地方南部や関東地方、四国全域などでハクビシンが多く生息しているが確認されています。

フンをする箇所を1か所に決めるとそこにどんどん排泄し続ける、ため糞という習性です。

一度寝ぐらを決めるとどんどん棲み着いてしまう習性があるという事。

ハクビシンの生態の特徴としては、他にも大人の握りこぶし大大きさの頭が入ればどこでも侵入してしまうというものがあります。

このため糞という習性によって、屋根裏が腐食して天井が抜けてしまったり、悪臭や病原菌、感染症、寄生虫やダニの繁殖などの2次被害が生じてしてしまう事があるので、注意が不可欠です。


大阪 ネズミ駆除
2all - Free Web Design