בניית אתרים בחינם


COUNSULTING BUSINESS
089-548796

洗浄

汚れの付着部分を分子レベルで見てみると、洗浄物と汚れの間には「接触界面」があり、ここで両者の分子同士が『物理化学的な組み合わせ(2次結合)』をしていることがわかります。 これは、洗浄物と汚れ各々の特性によって決まってくるものですが、そこには「水素結合効果」「双極子効果」「分散影響」「誘導成果」など、さまざまな力(エネルギー)が影響します。 凝縮エネルギーの大きい水素結合が介在する洗浄物は敷居が高いとされており、とくにガラスや表面酸化膜を形成しやすい金属物質、半導体などの洗浄には専門的知識が必要となります。 接触界面において、洗浄物と汚れがどんな力(エネルギー)で結合しているにより、洗浄の敷居が決まります。

洗浄機メンテナンス
2all - Free Web Design