בניית אתרים בחינם


COUNSULTING BUSINESS
089-548796



ヒノキ

18世紀には木曽山を御杣山と正式に定め、これから本格的にヒノキを調達するようになった。
伊勢神宮では20年に一度、社を新しく建て替える式年遷宮と呼ばれる行事が行われ、大量のヒノキ材が必須となる。
現在では一般家庭でも多く使われ、特に和式の様式を持った建築物に高級材として使用される。
明治ご時世になって、調達の困難さが明治天皇にまで伝わるところとなり、恒久的な調達をできるにするため神宮備林においてヒノキを育成することになった。
これらの植林計画は、樹齢200年以上のヒノキを育成することを目標としており、長期的展望に立った計画である。
痛むようには伊勢国のヒノキを使用していたが、次第に不足し、三河国や美濃国からも調達するようになった。
加えて大正時代に入り、伊勢神宮周辺に広がる宮域林においてヒノキを育成する事になり、植林を行った。


露天風呂 キット
2all - Free Web Design